メールマガジン「ネクストライク」

メールマガジン「ネクストライク」102号

今号のテーマは『  来期の計画のヒント、 想像力は創造力・・・?!  』
素直で元気な【ネクストライク 102号】日本の事業販促の品質を上げる
■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■

※ごあいさつ

ネクストライクでは、終始、「考える」をテーマに、お送りしております。

最近では、従来の販促企画に加えて、
弊社独自の、販促の視点からも考えるWebマーケティングをご提案しております。

その過程で、こんなことを考えています。

・なにが正しいか?
・なぜ、ネクストがコンテンツマーケティング【オウンドメディア】を提案するのか?
・それは嘘のない提案か?
・その成功は保証できるか?
・どういったカタチで保証するのか?

今号では、「考える」想像力は創造力,と題してみなさまに、お送りいたします。

そろそろ、来期の計画にとりかかる、みなさまに、すこしでもご参考になればと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、こんなことを想像しています。

「なぜ、この商品を売っているのか、なぜこの事業をしているのか」

これを本当にかんがえていれば、価格競争にならないし、
売れないことはないのではないでしょうか?
もし、うまくいっていないのなら、そこに力弱いところがあるのでは?

同じことですが、その提案する事業や商品に大義名分があれば、
錦の旗を取ったようなもので、なにがあっても頑張れる。
逆にいえば、そこに、無理や後付があると”なんとなく”見透かれて、
いくら説得しても結局、通じないのではないでしょうか?

特に、付加価値のある商材の場合には、
長期間の商談や購入後の使用が伴うだけに、慎重に選択されます。

私たちの提案も同じです。

ほんとうに、ほんとうお客さまにとって価値ある提案であるべきであり、それによって、

はじめて熱意も出ます。

もっと言うと、
お客さまが気づいていない点や知らなかった点を指摘できるところに
すこし特別なお役立ちが出来そうなうれしい気持ちになります。

それは、私どもを支援していただいている プランナーやコンサルタントの方も同じです。

最近、こんなことを想像し創造したいと考えています。

自問自答します。

いまやっていることは、考えた結果なのか?

もし考えた結果なら、どう考えたのか?

なにが大事で、これからどうしたいのか?
その施策やツールで、本当に解決するのか?

施策やツールをちょっと考えたら、もうそれが結論!みたいなことになっていないか?

(つくるのは、手段なのに、結論のようになっているケースが多いようです)

考え抜くパワーはどれだけあるのか?

【すこし追加します】

・次のことを考える前に、現状はどうなっているのか?
・お客さまの考えは正しいのか?
・そもそも目的は何なのか?
・その目的のためにはどんな販売環境や状況になればいいのか?
・売り方はあるのか、つたえているか?
・それで現場は動いているか、動くか?
・具体的な狙っているターゲットにそれは伝わるのか、伝わっているか?
・それをだれかに、聞いてみたのか?
・根本的なことを忘れていないか?
・シンプルか、流れはスムーズか?

それを解決できる、ひとつの答えが,コンテンツマーケティング【オウンドメディア】です。

今号は 以上です。

早々


http://www.jmnexst.co.jp
『販売促進』『マーケティング』視点+Web→Webマーケティングの専門家です!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
住宅リフォーム・エネルギー業界と
BtoBtoC課題を解決する
販促企画の専門家です

株式会社日本マーケティングネクスト
社)日本リフォーム産業協会会員
責任編集担当 本田真
TEL 03-3582-4555
FAX 03-3582-4556

ページの先頭に戻る