メールマガジン「ネクストライク」

メールマガジン「ネクストライク」103号

今号のテーマは『  ネクストが、いま再び、ITに挑戦している理由は・・・?!  』
素直で元気な【ネクストライク 103号】日本の事業販促の品質を上げる
■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■

※ごあいさつ

正直、過去、ここまでおすすめできる、
パフォーマンスがよく、使い勝手の広いメディアはありませんでした。

ネクストがIT,いまはコンテンツマーケティングのひとつ【オウンドメディア】を提案するのはなぜか?
あらためて、自問自答して考えたいと思います。
また、今号は、少し創業当時の原点を振り返り、いまに至った経過をお話しできればと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

BtoBtoC市場・業界の閉塞感を打破する画期的な手法になるメディア、
【オウンドメディア】が現れました!

マーケティング、販促業界にいてBtoBtoCに詳しくさせていただいた経験から言って、
きちんと運営すれば、きっと効果の期待できる、正しい手法です。

BtoBtoC商品は付加価値も高く、
したがって認知されてもその後しっかり勉強・研究・吟味されますので、
結果、広告認知はかき消されます。
まして、ほぼ販売ルートが長い特性があります。

※消費財メーカー、たとえばコカコーラは100%認知されているのに広告をしているのは
 配荷促進、量販店の棚割り対策や自販機対策です。

広告の限界は認知の世界だけではなく
企業や商品のブランディング手法についても言えるようです。
(これは別の機会にお話しさせていただければ思います)

実は、創業当時は、いまで言う、IT業界のお客さま中心でした。

例えば・・・

日本IBMがe-ビジネスでHP作成や音声入力、
データベース活用などでさまざまなソリューションを発売し、
それに伴って、DBソリューションソフトのHPや
商品パンフ(ソニー風にしてくれって言われました)をつくりました。

マッキントッシュは千駄ヶ谷にあった時には商品マニュアルを作りました。

オラクルはでっかい水槽と社員犬がいて楽しかったです・・・

でも、HP屋さんには、なりませんでした。

大学の専攻が販促だったせいか、コピーライターになりたかったせいか、
じっくり考えるよりスピードが重視された感覚が合わなかったのでしょうか。

それから・・・

いま、再び、じっくり考えることのできる、ITの世界が到来しました!

BtoBtoC市場・業界の閉塞感を打破する、画期的な手法になるメディア、
【オウンドメディア】が現れました!

あたらしいWebサイトコンテンツマーケティングのひとつ【オウンドメディア】を始めます。
すでにお取り組みさせているお客さまには、コンテンツ見直しサポートいたします!

なぜか?

1.システム屋さんは
  専門であるがために、システムのことはめちゃ詳しい、けど、
大事なことがわっていないかもしれません。
(いま、日本のSEのうち文系出身者が多いのはなぜか、を考えるとそのヒントがありそうです・・・)

ネクストは・・・ある課題に対して、マーケティング及び販促にまで視野を広げることができるので、
お客さまとお話しができます。

2.分析・解析屋さんは
  分析、そのことが仕事であり、それ以上のことは提言しないのではないでしょうか?

ネクストは・・・それでどうなの?どうすればいいの?どうしたいの?の答えが出てきます。

3.広く浅く、幅広く、安く、コンテンツ(記事など)を提供するコンテンツ屋さんは利便性がある反面、
  続けるごとに、きっと、行き詰るのではないでしょうか?
  これから、その道に専門特化した専門家の時代になります。
  →【オウンドメディア】を各社が競って乱立したときに、明暗が出ます。(1割成功で9割失敗・・・)

  ネクストは・・・お客様個々の
          商品や業界、マーケティング、そしてお客さまを理解してコンテンツを
          いっしょけんめい、考えます。

まとめ】 ネクストが【オウンドメディア】を積極的に提示申し上げて、ネクストができる、
その理由は3つです。

1.システム屋でないからネクストが、できる
2.分析解析屋でないからネクストが、できる
3。便利記事屋でないからネクストが、できる

今号は 以上です。

早々


http://www.jmnexst.co.jp
『販売促進』『マーケティング』視点+Web→Webマーケティングの専門家です!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
住宅リフォーム・エネルギー業界と
BtoBtoC課題を解決する
販促企画の専門家です

株式会社日本マーケティングネクスト
社)日本リフォーム産業協会会員
責任編集担当 本田真
TEL 03-3582-4555
FAX 03-3582-4556

ページの先頭に戻る