”人生・仕事”の原理原則を考える【ネクストライク23号】

今回は【”人生・仕事”の原理原則を考える・・・】です

記  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

”人生・仕事”の原理原則とは
人間として社会人として「何が正しいか」を考え判断することです。

「何が正しいのか」を”物差し”とすることで
自分をなくすこと(無にする)ことに気づきます、
(無といっても、私欲はいけませんが善なる世のため人のためになることはよし、
なかなか出来ませんが・・・これに少しでも努めることが大事なようです)

そうすると、自分の至らなさ・反省や感謝の気持ち、素直に吸収・勉強する気持ちが出てきます。

人生はもとよりその縮図である仕事でもお客様、協力会社(人)、同じ仲間などとのなかで
立場の違いや価値観の違い(何を大事にするか)もあり、これは仕方のないことです。
一面避けようがありません。

どういう仕事をしたいか、の前にどういう人間になりたいか、です。

そこから歩き出す、には判断する「何が正しいのか」という”物差し”があると便利です、いちいち悩みません!

頭も心もスッキリ、一年中春爛漫、すがすがしくいさぎよい気持ちもします。

今 はやりの「大人の階段をのぼる♪」、「レジェンド~気分になる」です。
(ネクストも”オトナの販促企画会社”と呼ばれるよう、がんばります!話が変わった~)

幸せとは必ずしもお金やプライド、物ではなく心の満足、達成感。
これはお金もかからず、しかも、いつでもその気になれば引き出せます、手に入れることもできます。
消費税ゼロ・・・

☞「何が正しいか」の姿勢を貫くためにはどうする?

たとえば

  • 衆知を集める。
    まず、自分を捨てて販売店やそのお客様、仲間、尊敬する人などに、
    松下幸之助の「あんたはどない思う?」です
    その上で自分が決める、です
  • とりあえず(早く)決める。
    集めるのに時間や労力をかけ慎重も大事ですが、客観的にそこに時間を費やすより
    とりあえずあとで解決すべき宿題を横に置き、決めてながら走るです。
    走りながら考え、考えながら走る~改善の繰り返しでよりいいものが出来ます。
    (これがおろそかのように思います)
  • 気分転換も大事、自分を省みるリッチな時間をつくる。
    (私は都立10庭園共通パスポートで将軍気分が味わってます、最近はちょっと、ん~、
    みなさまは、もっとほかに・・・)

新年度に入ります、ウキウキです、
AKBの新生活ソング「前しか向かねえ~」→
われわれなら
正しく、がんばる、
万事を尽くし天命を待つ、至誠は天に通ず、ですね

以上 原理原則を考えるきっかけ、何らかのご参考になればうれしいです

関連記事

  1. /* */

    ネクストの営業提案姿勢の一部ご紹介【ネクストライク72号】

  2. /* */

    これでほんとうにいいの?Webのコピーやコンテンツの企画制作…

  3. /* */

    イノベーションの手法を考える【ネクストライク8号】

  4. /* */

    私でもできる、クリエイティブシンキング【ネクストライク27号…

  5. /* */

    やる気になるインナーインセンティブキャンペーンってあるの?、…

  6. /* */

    お客さまにどれだけ接近しているか、そのものがモデルとなる【ネ…

  1. 2018.08.03

    ハウスメーカーというコンテンツはオウンドメディアとして成…

  2. 2018.07.31

    情報通信というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つ…

  3. 2018.07.27

    住宅ネットワークというコンテンツはオウンドメディアとして…

  4. 2018.07.24

    非住宅建材というコンテンツはオウンドメディアとして成り立…

  5. 2018.07.20

    電動工具というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つ…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…