スキルとセンスの違い、を考える【ネクストライク41号】

今回のテーマは
【 スキルとセンスの違い、を考える ・・・  】です

記  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

スキルとセンス、このことば、すごくドライで、似ていそうですが
じっくり考えると深い味わいがあるように思い
バリスタしてみます。

スキルは場数や勉強すればだれでもある程度はマスターできる、
センスはそこに人間性が加味されたもの、としました!

少し詳しく考えてみます、

私たちでいう、スキルとは目の前に横たわっている施策やツールを
どうさばけばいいのか、という
わりと単眼的な取り組みやすく結果もすぐあらわれるものです。
スキルはこれぐらいで、

                        ●

センスってなんだ?!

なかなかひとことでいえない、

こんな感じでしょうか?

いつも新しい情報を入手し(情報ルートもたえず開拓する)
人の意見も勉強ととらえ
自分に固執しなく
素直な心根をもち
私心なく
何が正しいかは率直に自分の意見として表明できる勇気を持ち
でも、謙虚で反省もでき
相手を尊重する(相手の長所に目を向けるとできそう)
明るく元気をふりまく、(元気のないときでもそうよそおえる)

そんなスーパーなことができて、身につける、となります。

ん~、人間性そのものが大切です。

→ テクニックの勉強も大事ですが、それだけではまだまだ~~~とのこと。

  人間としての勉強が加味されてこそ、
大局でもしっかり判断できる、センスが確立する、

  でもこれは人間性を基盤とするので

  • 安定してない、
  • 注意しないとすぐ悪いほうに向いてしまう
  • それは、自分では気付かなく、客観視したり、人の意見にも聞く耳をもったり、

  尊敬する仲間や方先生などに触れるなどして初めて気づく、ものでしょうか。

                        ●

お話を身近なものに変えます。

いま、スキルはどこも同じ(ように見える)世界があります。

いまは、いろんな会社が「こんな施策やツールができます、あんなこともできます・・・」と
PRします。
大抵のものはそれらしく見えます、ある程度のものができます。

PRされた方も、何社もこられるとめんどうで忙しいし、わけがわからなくなって・・・
結局、営業タイミングで選ぶとなります。
それで成果が出ればいいのですが結果と原因も調べてない
(あえて調べてないのか?)、です。

できれば、センスの世界でお話ししたいように思います。
この場合のセンスは”どう考えればうまくいくかを模索する”ごいっしょの姿勢です。

出来れば、
素直に吸収勉強し、
私心ない正しいと思う勇気ある判断し、明るく元気にふるまう、世界でお話しする、
そんな機会があってもいいのではないでしょうか!?
で、
来月12月はお客さま情報交換会の月です。

お伺いできてなかったり、
申し訳なく充分なご提示ができてないお客様を中心としてお伺いできればして
私どものセンスをすこしでも磨ければと思います。。。

関連記事

  1. /* */

    人生に成功するには【ネクストライク4号】

  2. /* */

    営業戦略大修正~してますか?!背番号3【ネクストライク31号…

  3. /* */

    ご提案と企画制作の生産性を上げる、を考える【ネクストライク6…

  4. /* */

    ネクストがなぜ、ビジネスモデルを考えるのか【ネクストライク7…

  5. /* */

    いわゆる 成功者は決してひとりで頑張っているのではない【ネク…

  6. /* */

    マーケティング戦略の企画手法を考えるシリーズ②【ネクストライ…

  1. 2018.08.03

    ハウスメーカーというコンテンツはオウンドメディアとして成…

  2. 2018.07.31

    情報通信というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つ…

  3. 2018.07.27

    住宅ネットワークというコンテンツはオウンドメディアとして…

  4. 2018.07.24

    非住宅建材というコンテンツはオウンドメディアとして成り立…

  5. 2018.07.20

    電動工具というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つ…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…