補足・事業そのものの品質を上げる【ネクストライク53号】

先日の 『ネクストライク 52号』にて
新しい
ご提案ケースである
『 事業そのものの品質を上げる 』をご提言いたしました。

今号はその補足 53号です

過去、ネクストライクの7号から10号の4回にわたって「ビジネスモデル」をすでに考えてきましたが
実行します

1.実務でご提示できることになりました

事業ビジネスご支援のプランナーといっしょにご提示いたします

景気が良くなったせいか
新しいビジネスモデルの話題が増えてきています

いずれもシステムがらみですが
たとえば 日本IBMとオートバックスのオンディマンドキャンペーンシステム
マイクロソフトとセブンイレブンの集客+商品開発システム
ユニクロとアクセンチュアの顧客管理システム+商品開発システム など

弊社でも住宅業界に比べ、業態の違いにもよりすこし遅れている住設業界に対して
お客さまデータベースを使った『集客→売上げシステム』をご提示しております

追、確定した未来に向かって準備しましょう

  • 来年は、アメリカ大統領が交代する
  • そして、2017年には消費税が10%になる
  • オリンピックのある2020年以降の景気低迷

2.ビジネスモデルが単なる掛け声だけアドバルーンだけでは失敗します(ネクストライク9号に記述)

大事なのはそこにいるリーダーの開拓精神と”期待感含む”先見性です、

発信元であるリーダーが社内組織力を変革し育てていくのです

人が
そこにいない、また育っていないと、ビジネスモデルもなにもなし、ということです

3.すべてのビジネスモデルが必ずしもすべてハッピースタート&エンドではありません

一方的な持込み企画で決まり
その後もエレベーターのように自動的にすすめられ成功するものではありません、

いかにブルーオーシャン内でいられるか否か、レッドオーシャンでどうやって生きていくか、
それを導き出すには
お客さまとの協業がほんとうに必須です

ご一緒に考えて
独自のスタンダードモデルをつくりそれを真似されないように絶えず改善していく
努力が必要です

追、ビジネスモデルを考えるということは、きっと,
みなさまの
これからのビジネス人生で役立つと思います、

自分への投資とも考えましょう!   投資に闘志を・・・

関連記事

  1. セカンドオピニオンに学ぶ?!【ネクストライク91号】

  2. ネクストがなぜ、ビジネスモデルを考えるのか【ネクストライク7…

  3. ディズニー方式が会社を変える【ネクストライク51号】

  4. ハートは変えずに、エンジンは変える【ネクストライク106号】…

  5. ”その気”になりましたらお声がけください!【ネクストライク8…

  6. 事例販促モデルを考える【ネクストライク73号】

  1. 2018.04.17

    住まいと暮らしの情報サイト「ヨムーノ」

  2. 2018.04.10

    ビールや日本酒、ワインなどお酒に関するコンテンツを紹介す…

  3. 2018.04.03

    家事やくらしに役立つ情報を提供する生活情報メディア「ウチ…

  4. 2018.03.20

    花や植物を楽しむための情報をお届けするメディア「hort…

  5. 2018.03.13

    人生と仕事とお金について考えるメディア「LIFENET …

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…