ハートは変えずに、エンジンは変える【ネクストライク106号】

時代は変われども、
ハートは変えずに、エンジンを変える。
ハートは変えません。
ハートとは、心の持ち方です。

言われたことだけするのか、言われた以上のことをするのか?
・熱意を持つか持たないか→熱意を持ちたい
・長期で考えるか、短期で考えるか→長期でも成果を出したい
・能力のなかで考えるか、能力はもっとあると考えるか→もっとあると考えたい
・プラス志向かマイナス思考か →プラス志向

ハートは考え方、心の持ちようで、どっちにもなります。時に、ハートが湿っていて火がつかない時もあるかもしれませんが、そんな時は気分転換して気持ちを切り換えます。

次に、エンジンを変えます。
エンジンとは動かすための技術やテクニックで、ここではマーケティング手法と考えます。

●マーケティングとはお客さまが購入しているか価値は何かを考えることであり製品やサービスを自ずと売れる仕掛けをつくること→売込みをなくすことです。(ドラッカー)
●販売促進とは、コミュニケーションの質と量を促進することです。

お客さまが購入している価値は何のか、というコンセプト、そして、製品やサービスが自ずと売れる仕掛けをつくれているか、という戦略、この2つのことが多くの?企業さまで欠けているのではないかと客観的に感じます。

なぜなら、売り手が考えている、あるいは所有しているコンテンツ をみてもそういった鋭い切り口に出会えることはあまりないからです。(これは同じプランナー仲間でよく話し合うことです・・・)

アメリカのマーケティングと比べて個々手法の出来(精度)は日本の方がすぐれている(部分最適)が、
全体の戦略(商品なら、どういったコンセプトで、どういった表現で、どういった手段でなど)の一貫性
(全体最適)は劣るそうです。

たとえば、新しいメディアを上手に使うことによって、一貫性のある「製品やサービスを自ずと売れる仕掛けをつくること」を考えることができます。新しいメディアとはWebマーケティング、その中でもコンテンツを重視した【オウンドメディア】やSNS、メルマガ、MAなど安価で継続的に効果が見込める手法です。

新しいメディアにいままでのノウハウを投入して、メーカーと流通やユーザーとの新たな双方向のコミュニケーションを創造することで市場をつくっていきたいと考えております。
(市場とは企業のアクションに対するリアクションある状態をいうのであって単に、デモグラフィック的に人がいるから市場というのではない)ノウハウとは他社にはない洞察力と提案力で市場や商品を考え、そして、マーケティング・販促分野での多くの企画経験のことを指します。

関連記事

  1. /* */

    日本の事業販促の品質を上げたい【ネクストライク81号】

  2. /* */

    キャンペーンの目的に応じたテクニック・手法一覧を考える②【消…

  3. /* */

    セミナ―の成果を考える【ネクストライク145号】

  4. /* */

    キャンペーンの目的に応じたテクニック・手法一覧を考える①【ネ…

  5. /* */

    ネクストの強みと採用事例のご紹介      【ネクストライク…

  6. /* */

    「コロナショック」後も、ず~と生き残る条件とは?!【人財編】…

  1. 2020.06.29

    最近の疑問?ネット活用以前に感じること【ネクストライク1…

  2. 2020.06.15

    メルマガ「事例研究」ネクストのアクセスアップ手法に見る結…

  3. 2020.06.08

    メルマガ、もっと開封率を上げる方法は?  【ネクストライ…

  4. 2020.06.01

    最高のコンテンツ、事例活用の目的と集め方・配信方法とは?…

  5. 2020.05.25

    メルマガ、ネタ切れに困らなく継続できる方法とは?【ネクス…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…