住宅IoTサービス(スマートホーム)というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つのか?

「○○はオウンドメディアとして成り立つのか?」という視点で、今回取り上げていくのは「住宅IoTサービス(スマートホーム)」です。

タブレットや電子機器、家電製品などありとあらゆるものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)。

その中でも、スマートスピーカーや、スマートリモコン、スマート照明など、ソフト面の利便性を重視した住宅は「スマートホーム」とも呼ばれ、住宅のハード面である省エネ・節約を重視した住宅は、スマートハウスとも呼ばれています。

昨今、住宅における IoT の活用が進み、ハウスメーカーでもIoT住宅ブランドのサービスを続々と投入していて、家電やデジタル機器だけでなく、玄関ドアや窓シャッターなどの建材まで、IoT技術でトータルにつながる住まいが始まりつつあります。

まずは、IoT化(スマート化)することへの啓蒙が必要

まだまだ、一般の方には馴染みの薄いIoT化。まずは、そのメリットを伝えるなどの啓蒙活動が必要でしょう。

正直、IoT化しなくとも、十分に暮らせるわけですから、掛ける費用に対してどんな効果が得られるのかを明確にしないと、行動に移す人は増えないです。

そう考えると、「IoT化することで賃料がアップできる」など、賃貸のオーナー向けに、わかりやすいメリットを提示できる方が普及しやすい道筋です。機器の互換性を考えると、複数ある機器を、同一メーカーや推奨メーカーでまとめて揃えるため、他に目移りしにくい分野だと言えます。

スマートホーム情報は、競合が多い。

スマートホーム化は、後付も可能ですし、大きな工事も必要ないので、賃貸やマンションを中心に広まっています。

加熱している分野だからこそ、競合も多く、商品や情報も多様に増えてきています。なので、何をどう組み合わせたら良いのかなど、比較やキュレーションも必要になってきています。

また、実際の生活環境では、コントロールできないことや動作遅延、製品の互換性などといった問題があるようなので、まだまだ実験段階なところが多いのでしょう。そうなると、単なる商品情報だけだと、まだまだ行動を起こせる人は少ないと思われます。

そういう状況の中では、リアルに実験しながら、情報発信できる環境を持っていると、魅力的な情報を発信しやすくなります。

未来の家プロジェクト

戸建て住宅関係なら、スマートハウス✕スマートホーム

戸建て住宅関係なら、スマートホームの話だけでなく、「省エネ・節約」などの住宅のハード面に重きを置いたスマートハウスの情報も合わせて、届けることができます。

住宅業界は、今のIoTの動き以前から、スマートハウスを普及させようとしてきましたが、焦点がハード面のことなので、わかりにくさなどから、なかなか普及してきませんでした。

「スマートハウス ✕ スマートホーム」という組み合わせで、先進のライフスタイルをテーマに、コンテンツをつくっていけば、上記のスマートホームのみの情報とも差がつけやすくなります。

関連記事

  1. /* */

    太陽光(自然エネルギー)というコンテンツはオウンドメディアと…

  2. /* */

    産業用のモーターや制御機器というコンテンツはオウンドメディア…

  3. /* */

    タイヤを専門に研究するメディア「タイヤゼミ」

  4. /* */

    サッシや玄関というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つ…

  5. /* */

    オーダースーツ・オーダーシャツからビジネスマンの生活を支える…

  6. /* */

    住宅商社というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つのか…

  1. 2019.05.10

    企業サイトに集客が少ないのには、理由がある。【ネクストラ…

  2. 2019.05.07

    メールマガジン配信の実務【起きやすいミスを防ぐ】

  3. 2019.04.22

    メルマガ継続の秘訣、「コンテンツ」は、社内にもある!?

  4. 2019.04.13

    セミナ―の成果を考える【ネクストライク145号】

  5. 2019.04.08

    BtoBメルマガのリスト集めは名刺交換が効果的!?

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…