産業用のモーターや制御機器というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つのか?

「○○はオウンドメディアとして成り立つのか?」という視点で、今回取り上げていくのは「産業用のモーターや制御機器」です。

BtoBの中でもさらなるニッチ層への訴求はどうすればいいのか?

「産業用のモーターや制御機器」ですが、前回、ライフラインシステムの際でも取り上げたように、BtoBの中でも、ごく一般的な民間企業が取り入れるものでもないため、ターゲット自体がかなり絞られてしまいます。

こういう状況下の中で、「オウンドメディアを立上げ、読み手のためになるようなコンテンツを」と意気込んだとしても、費用対効果を考えたら、続けられる施策とは言いにくいです。

視点を変え、営業支援という切り口にしてみる。

BtoBの中でもさらなるニッチ層、つまり、読み手も少なく、情報も読み物として楽しく読めるようなコンテンツにならない分野の場合は、前回の記事でもお伝えしたように、営業支援という切り口に視点を変えてみましょう。

支援するというのは、カタログのような情報ではなく、その記事がそのままが営業トークやプレゼントして使えるということです。公にできる営業コンテンツは一般公開し、一部の人にだけということであれば、会員限定公開にすることもできます。

よくある質問に対しての回答がコンテンツになる。

Q&Aページを発展させて、コンテンツにしていく方法もあります。シンプルな返答のQ&Aにするのではなく、ノウハウを盛り込み、記事を厚くすることで、コンテンツにしていくということです。

BtoBでニッチな業界だと、接点や販売機会が少ないため、Q&Aを発展させる方法は、取り組みやすいと思われます。ただし、サポート機関がしっかりしていないと、コンテンツが続かない可能性は考えられます。

このケースで、制御機器に関して、お客様からあった質問を元にコンテンツを作成しているのが、パナソニック株式会社です。

パナソニック株式会社【制御機器知恵袋】

この場合は、既存顧客との定期的な情報交換が軸になっていますので、新規客を集めるということよりも、サポート力の向上や顧客満足度の向上が目的と考えられます。

エンジニア好みの技術情報&ノウハウを提供。

機器類などの性能が絡む分野だと、その玄人技術を好むエンジニア層がいます。

その辺を上手く突いているのが、半導体・電子部品メーカーのローム株式会社です。

電源設計の技術情報サイトのTechWeb

エンジニア向けに、電源・IoT機器の設計に関する技術情報を、教科書のような感じで、親切に解説しています。

「ものづくり愛」というエンタメを提供

半導体・電子部品メーカーのローム株式会社では、上記の技術寄りなサイトとは別に、エンタメサイトも運営されています。

Device Plus : エンジニアライフにプラス1の情報を

ものづくりを愛するエンジニアやエンジニアを目指す方々に、「エンジニアライフ、デバイスと関わる生活を、より楽しくすること」というコンセプトで提供していますので、製品売り上げや問い合わせが目的ではなく、働き方やロボコンなどのイベントレポートなど、読み物としても楽しめる多数のコンテンツが用意されています。

今すぐ客に売り込むためではなく、コーポレートサイトへの流入やブランディングを目的としたサイトと考えられます。

関連記事

  1. /* */

    ZEH・断熱材というコンテンツはオウンドメディアとして成り立…

  2. /* */

    電気というコンテンツはオウンドメディアとして成り立つのか?

  3. /* */

    住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信する「L…

  4. /* */

    エネルギーと情報通信の融合時代にスマートグリッドの専門メディ…

  5. /* */

    住まいと暮らしの情報サイト「ヨムーノ」

  6. /* */

    アイデアの閃きのためにできることを提案するメディア「wisd…

  1. 2019.08.22

    コンテンツの作成方法と「定番ネタ」の例  ネクストライク…

  2. 2019.08.07

    ネクストライク151号「ブログ記事の書き方」

  3. 2019.07.23

    ネクストライク150号「コピーライティングの基本」と「タ…

  4. 2019.07.18

    ネクストライク149号「コンセプト」と「コンテンツ」のつ…

  5. 2019.07.02

    コンセプトとコンテンツを考える【ネクストライク148号】…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…