Webマーケティングの考え方と実践方法③【ネクストライク125号】

「Webマーケティングの考え方と実践方法」シリーズの
3回目【ご担当者の方が忘れてならないこと】です。

これからの予定です。
3回目 ご担当者の方が忘れてならないこと。
4回目 Webマーケティング手法を整理する。
5回目 Webサイト構築時に注意したいこと7点。
6回目 Webサイト3つのタイプ。
7回目 Webサイトのリニューアル成功の4パターン。
8回目 コンテンツの種類を3つの視点で整理する。
9回目 改めて「オウンドメディア」を考える。
10回目「マーケティングオートメーション」を考える。

弊社の基本的なスタイルとして、お伝えできれば思います。

3.ご担当者の方が忘れてならないこと。

”コンテンツがつくれない””途中で施策を考えることをあきらめてしまう””結局、高いリスティング広告に頼りきりになり、 予算が続かなく中止する”” スタッフの体制やモチベーションが続かない”・・・などが問題となって、 これまで、数多くの取り組みが実を結んでいないようです。実態として、90%は失敗していると言われています。

また、その原因のひとつに、目標(KPI)を主にCPAといった「費用対効果」のみに置いている場合もあります。なるほど、数値化することは大事ですが、その企業の置かれた状況から見て、すぐに効果を出せなくても、 場合によっては、長期でマーケティングを考え、腰を据えてじっくり取り組むことで、確実に成果を出すことも必要です。

1. BtoBtoCは「商材が専門的で宣伝しづらい」「顧客が個人だけではなく会社組織であり、厳しい目で見られ購買プロセスが長く複雑」なので、マーケティングが難しいと考えられてきました。
市場の特性(商品の認知度や理解度、競合・流通実態、消費者動向などのいわゆる4Pなど)や自社の強み・差別化程度、ユーザー層の心理と購買プロセスなど全体のマーケティング活動の視点(マーケティングコミュニケーション視点)でWebも考える必要があります。
2.コンテンツの質か、量か、SEOか、ランディングページか、リードフォームか、集客広告か、
などを複眼で問題と対策を考えながら、何が正しいのかを追求し、本質をつかまえ、PDCを回しながら、
どんな施策が効果があるのかないのかを考え続けることが、大事なことです。模索していく“熱心さ”、が求められます。
3.Webマーケティンングというと、Web構築会社やSEO対策専門家、コンテンツ制作会社、リスティング広告専門会社など多岐に専門化されつつあるものの、それぞれの立場で部分適正であって、全体適正になっていないように、最近感じます。さまざまな施策を網羅的に把握し、臨機応変に対処できる能力が専門のスタッフ(社内外)に必要です。

関連記事

  1. /* */

    キャンペーンの目的に応じたテクニック・手法一覧を考える②【消…

  2. /* */

    ほんとうに世の中をよくするために何ができるのか、を考える【ネ…

  3. /* */

    事例販促モデルを考える【ネクストライク73号】

  4. /* */

    メルマガ「事例研究」ネクストのアクセスアップ手法に見る結果の…

  5. /* */

    オウンドメディアの企画制作と運営を外注するメリットとデメリッ…

  6. /* */

    MA導入の留意ポイントと役割、活用例 【ネクストライク181…

  1. 2021.12.20

    オウンドメディアの企画制作と運営を外注するメリットとデメ…

  2. 2021.12.12

    オウンドメディアの立ち上げ時と運用時の失敗と対策例【ネク…

  3. 2021.12.05

    【後編】★「住設・建材」業界のオウンドメディア企画設計の…

  4. 2021.11.29

    【前編】★「住設・建材」業界のオウンドメディア企画設計の…

  5. 2021.11.24

    なぜ始めるべきか?「住設・建材」業界のオウンドメディアの…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…