先人哲人に学ぶ 松下幸之助②【ネクストライク126号】

松翁ある人に次のように言われた。

素直な心②

□ 素直な心とは、物事を平易に見ること、むずかしくものを見ないようにすることである。

□私は出来るだけ素直に、平易にものを見ていくように務めた。
そしてかけ引きもなにもない、ありのままの自分を見てもらうように心がけてやってきた。

□私自身、いわば平凡な人生を平凡に歩んできた。なすべきことをなし、なすべからざることをなさないように努めてきた

□白いものを白いとみることが大事。
ところが今日の人は、白いものを白いとみることが出来ず、黄色がかって見えるというような、目の栄養失調になっている

□人間の本質は、悪でも善でもなく、白紙と考えられる。その白紙に人間の五感で色をつけていく。
赤い色を付けられる者もあれば、黒い色をつけられる者もある。
けれどそれは人間の本質とは違う。のちに人間の感情によってつけられたものである

□賢い人もそうでない人も、力の強い人も弱い人も、さまざまな人を自然はつくっている。われわれは自然に従わなければいけない。
人為でみな同じような人間にしようとか、知識だけは同じようにしようなどとしてはいけない

□人として世に処する上に最も大切なことは、他より厚き信頼を受けるということである。
しからば、信用を得るにはいかにしたらいいか。結局“正直“をもって一貫するよりほかにはない

□困難にとらわれ、執着すると、かえって物事が難しくなることが多い。

□良心は、人間の知性によって生み出したものではなく、人間の本能である

□一万回、碁を打ったらだいたい初段になれるという。素直な心の初段になるには、一万回、それを念じなければならない

□ほんとうの試験というのは、あなたは人にどういう親切をしたか、できるか、そういうものでないと、ほんとうの試験ではない。

関連記事

  1. /* */

    事例販促+事業販促+しくみ販促【ネクストライク85号】

  2. /* */

    感謝の気持ちを持つ・・・を考える【ネクストライク28号】

  3. /* */

    時間を大事にするなんて どうでもいい!?【ネクストライク89…

  4. /* */

    補足・事業そのものの品質を上げる【ネクストライク53号】

  5. /* */

    専門家との事業販促問答③【ネクストライク67号】

  6. /* */

    キャンペーンの目的に応じたテクニック・手法一覧を考える①【ネ…

  1. 2019.08.07

    ネクストライク151号「ブログ記事の書き方」

  2. 2019.07.23

    ネクストライク150号「コピーライティングの基本」と「タ…

  3. 2019.07.18

    ネクストライク149号「コンセプト」と「コンテンツ」のつ…

  4. 2019.07.02

    コンセプトとコンテンツを考える【ネクストライク148号】…

  5. 2019.06.09

    Web集客について考える(集客概論)【ネクストライク14…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…