先人哲人に学ぶ 松下幸之助⑤【ネクストライク129号】

松翁ある人に次のように言われた。

素直な心⑤

□ 悟りとは、真実の姿を知ることである

□ 人に意見をしてもらえないようになったら、その人の進歩はなくなる

□ 学ぶ心さえあれば、万物すべて、これ我が師である。

□ すべてを善意に考える。すべてを修行と考える。そこから必ず道が開けてくる。

□ 誠意や真心から出てきた言葉や行動は、それ自体が尊く、相手の心を打つ。

□ 思案にあまることは、周囲の人たちに相談しよう。相談することは決して恥ずかしいことではなく、誠意ある行いである。

関連記事

  1. /* */

    改めて、PDCAを考える【ネクストライク11号】

  2. /* */

    ご提案と企画制作の生産性を上げる、を考える【ネクストライク6…

  3. /* */

    会社のホームページだけで大丈夫でしょうか?!【ネクストライク…

  4. /* */

    ハートは変えずに、エンジンは変える【ネクストライク106号】…

  5. /* */

    事例販促、もっと徹底しませんか?【ネクストライク76号】

  6. /* */

    補足・事業そのものの品質を上げる【ネクストライク53号】

  1. 2020.09.24

    MA導入の留意ポイントと役割、活用例 【ネクストライク1…

  2. 2020.09.15

    いま、なぜ、マーケティングオートメーション(MA)が求め…

  3. 2020.09.02

    非接触型営業、インサイドセールスとは?  【ネクストライ…

  4. 2020.06.29

    最近の疑問?ネット活用以前に感じること【ネクストライク1…

  5. 2020.06.15

    メルマガ「事例研究」ネクストのアクセスアップ手法に見る結…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…