先人哲人に学ぶ 松下幸之助⑤【ネクストライク129号】

松翁ある人に次のように言われた。

素直な心⑤

□ 悟りとは、真実の姿を知ることである

□ 人に意見をしてもらえないようになったら、その人の進歩はなくなる

□ 学ぶ心さえあれば、万物すべて、これ我が師である。

□ すべてを善意に考える。すべてを修行と考える。そこから必ず道が開けてくる。

□ 誠意や真心から出てきた言葉や行動は、それ自体が尊く、相手の心を打つ。

□ 思案にあまることは、周囲の人たちに相談しよう。相談することは決して恥ずかしいことではなく、誠意ある行いである。

関連記事

  1. /* */

    さまざま雑感に、思う【ネクストライク33号】

  2. /* */

    選ばせる商品として何が必要か!+PR【ネクストライク87号】…

  3. /* */

    ネクストのあるべき提案姿勢とは、を考える【ネクストライク71…

  4. /* */

    組織力の再強化を考える【ネクストライク75号】

  5. /* */

    日本の事業販促の品質を上げたい【ネクストライク81号】

  6. /* */

    これでほんとうにいいの?Webのコピーやコンテンツの企画制作…

  1. 2019.08.22

    コンテンツの作成方法と「定番ネタ」の例  ネクストライク…

  2. 2019.08.07

    ネクストライク151号「ブログ記事の書き方」

  3. 2019.07.23

    ネクストライク150号「コピーライティングの基本」と「タ…

  4. 2019.07.18

    ネクストライク149号「コンセプト」と「コンテンツ」のつ…

  5. 2019.07.02

    コンセプトとコンテンツを考える【ネクストライク148号】…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…