Webマーケティングの考え方と実践方法⑤【ネクストライク131号】

「Webマーケティングの考え方と実践方法」シリーズの
5回目【Webサイト構築時に注意したいこと7点】です。

これからの予定です。
5回目 Webサイト構築時に注意したいこと7点。
6回目 Webサイト3つのタイプ。
7回目 Webサイトのリニューアル成功の4パターン。
8回目 コンテンツの種類を3つの視点で整理する。
9回目 改めて「オウンドメディア」を考える。
10回目「マーケティングオートメーション」を考える。

弊社の基本的なスタイルとして、
お伝えできれば思います。

5.Webサイトの構築時に注意したいこと7点

1) サイトのデザインよりも、コンテンツを重視したい

サイトの企画や構築の際、 ハイセンスなデザインに関心が集まる傾向があります。
しかし、Webの世界は、本質的に、
デザインよりも、コンテンツの作成技術が重要になっています。
Webサイトのアクセス数が伸び悩み、うまくいっていない原因がここにある、との専門家の指摘があります。
自社と自社商品を探しているユーザーの「欲しい情報を早く探したい」
接点をつくる“場”としての

Webサイトである以上、
狙ったターゲットに伝えたいメッセージをシンプル
に届けることが大事と考えます。

特に、BtoBサイトは専門家やその道のプロの方が対象となります。
「見た目より中身が大事」であり、
初めての人でも検索しやすく、リピートしてストレスのない、
シンプルな設計が望まれます。
「ページを開いて3秒」で伝え、次の導線に導く、工夫が必要です。

アクセス数(集客)を挙げ、同時に、潜在客を顕在化させるという本来の目的を忘れず、

ユーザーにとって検索しやすいシンプルな設計にして、
充分な質と量を確保したコンテンツの掲載更新することが、
Webマーケティングの重要な成功要因と考えます。

重要なことは、アクセス数を上げるのは、コンテンツそのものであり、

これが、Webマーケティングの本質という意味です。
最近の傾向としては、一見、見栄えのいいデザイン設計は少しずつ淘汰され、
種類も増えている安価なテンプレートでWeb構築することが多いようです。

2)BとCのどちらを対象としたサイトにするかを考えます。

業界や商品の特性、その企業の立ち位置や考え方により、B向けか、C向けかを考えます。
弊社では、Bのアクセス数が弱い場合が想定されるなら、C向けも併行して つくることをお薦めしております。
最終的な成果は、どれだけアクセスしてくれるか、アクセス数が重要になるからです。

また、C向けにコンテンツを用意することは、Bに対するディーラーヘルプスにも機能することにもなります。
Cがどんなニーズや困りごとがあって、それでこんなことが解決でき、こんな事例があります、
こんな実績があります・・・こういったことをBにも知って理解してもらうことは重要に思います。
Cに訴求するコンテンツで
必要と思われるものは
、そのままBへのお客さま目線で考えていただく、
いい機会にもなります。

3)ひとつの企業で、複数の商品特長やターゲット・顧客、流通などが存在する場合の
Webサイトのつくり方を考えます。

ターゲットの立場に立って、見やすいか、検索しやすいか、によって大きく2つに分けられます。
①それぞれが一貫性のある場合は、Webサイトはひとつにまとめ、製品ごとにコーナーを分ける
②逆に、まったく一貫性がない場合は、製品ごとに独立したサイトを立ち上げる

4)商品の「認知度」「付加価値」の程度から施策を考えます。

ターゲットは大きく、「認知度」と「付加価値」の程度を軸に、
4つに分類すると、行なう施策が明確になります。

①商品は認知されていないが付加価値がある場合
Web
サイトは
認知・啓蒙を図るマーケティング活動のプラットフォームと位置付け、
認知、興味関心を得るコンテンツを掲載し、広告やSP,PRなどからの流入を図ります。
②商品は認知されていて付加価値もある場合
ブランドと付加価値の差別化、オンリーワン化を図ります。
他社以上のコンテンツの質と量を確保し、
その業界やカテゴリーの第一人者としてのブランディングを図ります。
(その世界でNO1のサイトといわれる、ターゲットメディアを目指します)
③商品に付加価値のない場合(別途考えます)

5)複数の検索キーワードでSEO対策を行なう

少数のビックキーワードにSEO対策するBtoCとは違い
検索回数が少ないキーワードが多いBtoBtoCの場合は、
ロングテールのキーワードを拾うことで、サイト全体の検索回数を増やします。

6)BtoBtoC は離脱することを前提に対策を打つ

BtoBtoC は高額で難解な商品を個人ではなく会社として購入するため、
数回の訪問でCVされることは少ないことが想定されます。
その当然(自然)な離脱に対して、カスタマージャーニーの改善、CV資料の充実、
ナーチャリングの仕組みなどで どう、対策を打つかを考えることです。

7)マーケティング活動全体の施策の中で Webのあり方を 考えます。

広告・SPにITが加わり、飛躍的に、幅広さと深さをもったマーケティング活動が可能となりました。
それだけに、Webの世界だけを見ていては、部分しか見ていないことになり、 成果も限定されてしまいます。
言うまでもなく、Web自体はマーケティング活動のひとつにしかすぎません。

現状の市場の中で、
自社の問題点(現状の事実)と 課題(自社にとってのチャンス)を整理してまとめ、
その上で、 「広告」と「SP」などを含めた「マーケティングコミュニケーション」の視点で、

どんな施策やツールが考えられ、
そのなかのひとつとして、Webで 解決できるのか、出来ないのか、
できるとしたら、 なにができるのか(戦略)、 具体的には、どうすればいいのか(戦術)、
一連のマーケティング活動の流れを仮設し、 逆も成り立つのか、検証した上で、実行に移ります。

大事なことは、媒体をつくる、ここではWebサイトをつくることが目的ではなく、
それで何ができるのかを考えることで、 結果として、評価もできることになります。
こと、WebやMA,SFA(IT活用)となると、専門部署として、
それ自体の目的や機能、評価ばかりが話題になりますが、
最終的な事業活動のゴールである売上げ貢献から考えれば、
事業活動全体の中で、 Web視点だけではなく、どんなマーケティング活動を行なうべきか、
視野を広くして考える必要があります。
そのための手法をもっと真剣に考える必要があります。

関連記事

  1. /* */

    史上最強の販促ツールのご紹介②販売マニュアル【ネクストライク…

  2. /* */

    先人哲人に学ぶ 松下幸之助⑤【ネクストライク129号】

  3. /* */

    ネクストライク149号「コンセプト」と「コンテンツ」のつくり…

  4. /* */

    オウンドメディア活用⑤ コンテンツを作成します【ネクストライ…

  5. /* */

    素直がすべてを好転させる、を考える【ネクストライク47号】

  6. /* */

    起業家精神と先見性について考える【ネクストライク34号】

  1. 2019.12.03

    「お客様目線」、徹底できていますか?

  2. 2019.10.29

    BtoBtoC業界の問題点を解決する「コンテンツマーケテ…

  3. 2019.08.22

    コンテンツの作成方法と「定番ネタ」の例  ネクストライク…

  4. 2019.08.07

    ネクストライク151号「ブログ記事の書き方」

  5. 2019.07.23

    ネクストライク150号「コピーライティングの基本」と「タ…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…