【メ―ルマーケティング】を考えるシリーズ①【ネクストライク137号】

新シリーズ、『メールマーケティングを考える』です。
なんらかの、ご参考になれば幸いです。

【メールマーケティング】を考えるシリーズ1回目
【いまなぜ、メールマーケティングなのか?】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【いまなぜ、メールマーケティングなのか?】

1.顧客情報は売り上げに結びつけてこそ、意義があります。

日ごろの営業活動やHPへのアクセス履歴、展示会、キャンペーンなどで、
手間と費用を投資して集めた、顧客情報は売り上げに結びついているでしょうか?

「今すぐ客」は営業がすぐ刈り取りしますが、「今すぐ客」以外は放置され、どんどん蓄積されて
手つかずなままが多いのではないでしょうか。

そのほか、顧客情報が生かされていないとき、こんな状況があります。

□社内営業担当者や流通、販売店などの末端に施策やツールの周知徹底が出来ていない
□販売施策やツールのリソースが活用されていない
□顧客データベースの活かし方がわからない(顧客リストがない)
□キャンペーンなどの施策がマンネリになっている(効果が見えない)
□Webサイトの問い合わせが増えない

既存顧客から売上を伸ばそうとしても限界が見え、新規顧客獲得が課題となっている企業も多いなか、
マーケティング部門としても、顧客情報から、見込み客をつくり、営業支援することが必要になっています。

2.マーケティング施策として『メルマガ』は『メールマーケティング』に進化しています。

対象者に一斉配信する「メルマガ」に対して『メールマーケティング』は対象者の属性やニーズの対応した
よりパーソナライズされた配信を行なうことができるという違いがあります。
1対1のコミュニケーションツールだった「メール」が、細分化されたターゲットに対して、
興味ある情報(コンテンツ)を届けることで、配信数を増やし、
「HTML」形式により可能となった、開封率・クリック率などの分析によるPDCAの改善と対策を行ない、
最終的な、見込み~成約を促進することが可能になります。
「継続的に見込み客を育成する」目的で、
認知やブランディング、新規顧客の獲得、接点の強化及び見込み客の育成、既存客のリピートなど
集客から顧客管理(CRM)まで運用管理する幅広い領域まで含まれ、活用できる手法です。

『メールマーケティング』は、マーケティングオートメーション(MA)の登場と進化によって、
いま、注目されています。

3.『メールマーケティング』を制する企業が、マーケットを制する。

単に手法の問題ではなく、これから、又は、将来、取り組まざるを得ない、
蓄積された顧客データの分析によって媒体ごとに追客し、売り上げに直結する施策である
デジタルマーケティングに於いても、『メールマーケティング』は、一貫して活用される、
極めて重要な手法・考え方になります。

ターゲットの設定、コンテンツの企画選択、集客、解析運営と解決策の立案、
成功事例ノウハウ(PDCA)などの知見が必要となる、
オウンドメディア・MA・SFA・ABM・CRMなどに一貫して共通する手法であるため、
ここで学ぶことは、極めて重要な機会となります。
『メールマーケティング』を企画運営することで、本質的な、ノウハウを習得できます。

『メールマーケティング』を学び、トライし、実践を重ね、制する企業がデジタルマーケティングを制し、
そして、マーケットを制することができる、と考えています。

弊社が、みなさまに強くお勧めする理由のひとつが、ここにあります。

ご参考)ネクストの強みは、
『メ―ルマーケティング』の企画提案からコンテンツ記事の企画と制作、活用方法、配信、分析レポートと対策までの、
事務局業務一式をまるごと、ワンストップでお受けしております。
もちろん、ネクストの「BtoBtoC」業界に特化した「マーケティングコミュニケーション」視点で考えます。

追、すこし、マーケティングコミュニケ―ションについて考えます。

マーケティングコミュニケーション力(営業力)=コミュニケ
―ションの質×コミュニケーションの量、と考えています。
質とは、何を、コミュニケーションするかという、内容を指します。
マーケ部門では、認知~お問い合わせまでの施策やツールであり、
営業部門では、説明~説得・受注までの施策やツールになります。
量とは、媒体別の回数・頻度の総量になります。
マーケ部門では、施策やツールの回数・頻度の総量であり、営業部門では、接触手法別の回数・頻度の総量になります。
質と量の掛け算で大きいほど、つまり、質的に喜ばれる(相手の心を打つ)他社以上の量(熱意が感じられる)が大きいほどに、
大きなコミュニケ―ション力として働く、
ということになります。
その点で、『メールマーケティング』は、その質と量を兼ね備え、
また、その効果測定→成果のPDCAの過程で、学ぶことも多く、その力も増す、極めて重要な媒体と考えます。

次回予定です。
『メ―ルマーケティング』を考えるシリーズ2回目、
【マーケティング活動の中の、メールマーケティングの位置づけ】について考えてみたいと思います。

関連記事

  1. /* */

    オウンドメディア活用⑦ 目標の設定、分析・対策・運営を考えま…

  2. /* */

    先人哲人に学ぶ 松下幸之助③【ネクストライク127号】

  3. /* */

    オウンドメディア企画作法の2回目【ネクストライク109号】

  4. /* */

    Webマーケティングの考え方と実践方法②【ネクストライク12…

  5. /* */

    やる気になるインナーインセンティブキャンペーンってあるの?、…

  6. /* */

    ネクストが、いま再び、ITに挑戦している理由は?!【ネクスト…

  1. 2019.08.22

    コンテンツの作成方法と「定番ネタ」の例  ネクストライク…

  2. 2019.08.07

    ネクストライク151号「ブログ記事の書き方」

  3. 2019.07.23

    ネクストライク150号「コピーライティングの基本」と「タ…

  4. 2019.07.18

    ネクストライク149号「コンセプト」と「コンテンツ」のつ…

  5. 2019.07.02

    コンセプトとコンテンツを考える【ネクストライク148号】…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…