【メ―ルマーケティング】を考えるシリーズ②【ネクストライク138号】

【メールマーケティング】を考えるシリーズ2回目
【マーケティング活動の中の、メールマーケティングの位置づけ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【マーケティング活動の中の、メールマーケティングの位置づけ】

1.メールマーケティングはマーケティングの重要な媒体です。

4Pと言われるマーケティング要素の商品・価格・流通・プロモーション。
その中のプロモーションは
マス広告と販促(イベントやダイレクト手法)の大きく2つに別れますが、

マス広告以外の販促媒体をコンテンツマーケティングと言い、
そのなかに、ここで取り上げている
「メールマーケティング」が
位置づけされます。
マス広告とは目的と機能が異なる、
多数の潜在的なニーズを顕在化させることができるコンテンツマーケティング領域で
「メールマーケティング」は、重要な媒体と言えます。

2.メールマーケティングはコンテンツマーケティングとの相性(
相乗効果)が高く、
見込み客に、直接的に届けられる貴重な媒体と言えます。

コンテンツマーケティングとは、
オウンドメディア(自社の媒体であるHP・メルマガ・定期誌・商品カタログ・ショールームなど)と
アーンドメディア(獲得した媒体、SNSに代表されるFacebook・
Twitter
・LINE・口コミサイトなど)
の2つを包含した媒体です。

具体的には、マス広告は、
投資した期間限定の
認知拡大を目的とした、

番組や記事のすき間に、
視聴・購読者のニーズに関係なく、認知させる、
一方的な投網をかけるような媒体です。
それに対して、コンテンツマーケティングは、
ある程度ニーズがあるターゲットに向かって、

自社のコンテンツ(情報)を活かし、
地道に潜在客を顕在客することを目的とした、
価値あるコンテンツを提供することで、見込み客に育成し、成約を目指す媒体であり、
いわば、
撒き餌をして、育てる媒体と言えます。

スマホの普及により、情報が溢れている今、
有益な情報を、見込み客に見つけてもらうコンテンツマーケティングが
重要視されています。

その、コンテンツマーケティングのなかのひとつ「メールマーケティング」は
コストパフォーマンスがよく、効果測定することで効果を追求でき、
何より、直接的に、
見込み客に届けられる、
貴重な媒体と言えます。
コンテンツマーケティングで活用するコンテンツのほとんどを
「メールマーケティング」でも活用できる点が

ほかの媒体にはない特徴になります。

注)一般的に、
コンテンツマーケティングを代表する
オウンドメディアといえば、
新しい媒体としてのブログ記事形式のWebサイトを
指して表現することが、
多いですが、
正しくは、上記のように、いわゆる、販促施策やツールの全てが含まれます。

3.メールマーケティングはコンテンツマーケティングで展開するコンテンツの多くを活用して、
効果が発揮します

メールマーケティングはコンテンツマーケティング、
特に、オウンドメディアで
作成する施策やツールなどの
コンテンツを、

複数媒体に、違う切り口で多面的に活用することにより、

より
効率的に、効果的に展開できます。
たとえば、以下のように、ひとつの
コンテンツを複数媒体に展開することによって、
個々のコンテンツ作成作業の手間やムダが省け、また、予算効率と成果も高まります。

一例です)

□ 販売店(B)の販売事例

→ 事例チラシやHP,Webブログ記事(B及びC向けにも可)、メルマガ添付しての配信など

□ ユーザー(C)の採用事例→ 同上

□ キャンペーンや販売コンテストなどの施策やツール

→提案事例、採用事例、動画、Webサイトのブログ記事、メルマガ添付、

社内イントラネット掲載、販売マニュアル、アプローチシートなど

□ 商品カタログ、チラシ、定期情報誌、提案チラシ、提案マニュアル

→ HP(Web)のほか、Webブログ記事やSRツール、

ニュースレター、メルマガ添付しての配信など

□ 展示会やイベント(スチールや動画撮影&取材)

→ HPのほか、B向け及びC向けの説明用コンテンツ、

Webブログ記事やメルマガ添付しての配信など

□ HP(Web)上のコンテンツ

→ 商品チラシ、提案チラシ、アプローチシート、ニュースレター、

オウンドメディア(ブログ)記事など

□ 勉強会・研修会コンテンツ

→ 社内イントラネット掲載やEU向けWebサイト、販売店向け資料、

セールスマニュアル、アプローチシート、メルマガ添付しての配信など

※ご参考

かなり古いですが、

ネクストの「コンテンツマーケティング」の基本となる体系です。

次回予定です。
『メ―ルマーケティング』を考えるシリーズ3回目、
【メールマーケティングの概要】について考えてみたいと思います。

関連記事

  1. /* */

    収益モデルは、23種類?応用できる、収益モデルのつくり方【ネ…

  2. /* */

    キャンペーンの目的に応じたテクニック・手法一覧を考える③【流…

  3. /* */

    2回目・事例販促モデルを考える【ネクストライク74号】

  4. /* */

    オウンドメディア活用② オウンドメディアの特長について考える…

  5. /* */

    オウンドメディア活用⑥ ネーミングと集客を考えます【ネクスト…

  6. /* */

    Webマーケティングの考え方と実践方法⑨【ネクストライク13…

  1. 2019.10.29

    BtoBtoC業界の問題点を解決する「コンテンツマーケテ…

  2. 2019.08.22

    コンテンツの作成方法と「定番ネタ」の例  ネクストライク…

  3. 2019.08.07

    ネクストライク151号「ブログ記事の書き方」

  4. 2019.07.23

    ネクストライク150号「コピーライティングの基本」と「タ…

  5. 2019.07.18

    ネクストライク149号「コンセプト」と「コンテンツ」のつ…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…