動画マーケティングを考える【ネクストライク143号】

【 動画マーケティングを考える 】

1.はじめに

多くのデジタルコンテンツのなかで、埋もれることなく、ほかの媒体よりも、
早く、心理の奥深くに届けることができるのが動画です。
現状のマーケティング活動に、動画を活用していますでしょうか?
多くの情報が毎日届き、その頻度も早くなっております。
また、言われて久しい、活字離れや
人の意見より、自分で確かめて理解行動する人が多いなか、
『生の声』をいち早く、深く共感する内容で、相手に届けられます。
よく言われている動画の特長、例)

〇1分間に動画が伝える情報量は、180万語、3600Webページに相当する
〇動画を利用すると商品の理解力が約74%高くなる
〇全ユーザーの約50%が1週間に1回、ビジネス系動画を見ている
〇動画を見たユーザーの75%が直後に当該企業サイトを検索する
〇コンテンツマーケティングのコンテンツの中で、ユーザーからの支持率が一番高いのは、動画

2.留意したいこと

動画はたくさんの情報を入れることができるため、皆の意見を聞けば聞くほど、言いたいことを詰め過ぎる傾向になるようです。
伝える情報が多いほどに、何を言いたいのか動画なのか、伝わらなくなります。

1本の動画で、全てを伝えようとしないことが大切です。
ターゲットと目的をできるだけ絞り、その目的に、果たして動画は有効なのか、カスタマージャーニ―のどの段階で、
どんな目的と内容にしたらいいのか、を考えます。
動画は、最初から、立派なものを作る必要がありません。
時間と費用をかければ、それだけターゲットに響くか否かはわかりません。
イメージ訴求ならビジュアル重視ですが、説明・説得型なら「わかりやすさ」が優先です。

最新のスマートフォンやデジタルカメラには、動画撮影機能が備わっていて、
Web
での資料には十分対応できるほど高画質になっています。

動画はコミュニケーションツールなので、販売マニュアルや提案資料、ツールなどと同様に、
作りっぱなしでなく、PDCを回しながら、改善しつつ、より成果の上がる工夫をすることが必要です。

3.動画コンテンツの種類(例)

1.ブランド動画   ・・・会社や製品、サービスの認知を通して、HP検索やメルマガ登録をさせます

2.製品紹介動画   ・・・製品の特長や機能の詳細を伝えることを通じて、資料請求やお問い合わせの行動をさせます

□商品機能

□施工方法や使用方法

□耐久性などの性能実験

□開発者インタビュー

□メンテナンスの方法

□技術説明や技術に関する実験

□他社比較

□解析シミュレーション

3.プロモーション動画・・・展示会やイベント、新製品発表会などでの認知・興味関心づくりから

資料請求やお問い合わせ、リード(見込み客情報)を獲得します

□展示会・セミナーの講演やプレゼンテーションやデモ

□ディーラーミーティングやコンテストの発表会、表彰式

□勉強会、研修会、ロープレ大会

□加盟店の募集

□優秀営業マンインタビュー

□マニュアル動画

□販売の成功事例(取材)

□ユーザーの納入事例(取材)

4.見込み客向け動画 ・・・担当者が見込み客に提案することを通じて、具体的な見積もり~クロージングを図ります

(商談中の動画は2分以内にします)

□プレゼンテーション

□ビフォー&アフター事例

□コストパフォーマンスのシミュレーション

□ユーザーの納入事例(取材)

5.カスタマーサポート動画 サポートチームがFAQに答えることを通じて、リピートや追加注文に結びつけます

□ユーザーのお役立ちセミナー

4.企画制作・展開の流れ

多くのコンテンツと同様に、視聴者視点に立たない、押し付け動画では失敗します。

ターゲットの心を動かせないのでは、そもそも、作った意味が、まったくありません。

流れの概要です。

1)ターゲットを設定する

BtoBの場合は、個人以外に企業体も考えながら、

どういった興味関心があるのか、どんな意見を持っているか、どんな質問が想定されるか、を考えます

2)目的を決めます

認知促進・理解・比較検討のどの段階(カスタマージャーニ―で仮設する)を目的にするか、

また、動画を見たあとの期待する行動も決めます。

3)配信メディアを決めます

①YouTube

多くの動画とは、相性がよく、チャネルを設けて利用されます。

しかし、細かいターゲティングができない点と動画視聴目的のユーザーをHP・Webに誘導することは難しいと

言えます。

インストリーム広告は、ユーザーが再生する動画に関連する動画を配信するので、潜在ニーズを引き起こします。

「クリック」「最後まで見た」を基準にした課金制のため、無駄なコストがかかりません。

②Facebook

YouTubeに次いで、再生回数が多いのが、Facebookです。

地域や年齢、性別、興味関心などの細かいセグメントができ、Webサイトに誘導できる点がメリットです。

③Twitter

ユーザーの5人に4人がテレビを見ながらTwitterを見るほど多く使われています。

ツイート内容からユーザーの興味関心にあった広告を配信することもできます。

④Instagram

15秒の動画が可能です。

⑤HPやWeb

SEO対策のひとつとして、動画タイトルや説明文を最適化することで、

動画コンテンツを検索上位に表示することが出来れば、サイトへの流入も増えます。

⑥LP

テキストと画像が多いなか、動画を組み込むことのよって、テキスト量を少なくして、短時間で多くの情報を伝えられます。

⑦展示会やセミナーや商談時のメディアとして、DVDにして配布します。

⑧業界まとめサイト

5.ネクストができること?

実際、YouTubeでは、多くの素人が、彼らの視点で動画を掲載している流れで考えると

ユーザー視点の動画が一層求められるよう感じます。

でも、いざ、作るとなると、企画やシナリオ、機器の手配、スタッフなどを考え、予算や納期に悩みます。

弊社では、たとえば、研修会やセミナーのほか、

教育用のマニュアル動画などの大がかりなCGや画質が必要でない場合は、比較的低価格で、

企画から台本作成~撮影・編集まで行なっております。

取材経験が豊富なスタッフがWebでのインタビュー動画を作成、撮影した動画を支給いただければ、

動画編集だけも行います。

動画を身近なコンテンツとして考え、比較的低予算で、いろんな目的や場面に応じて幅広く活用し、

高い効果を出しませんか?

ユーザー視点で、スピードと深い理解が求められている動画作成、お手伝いできます。

関連記事

  1. /* */

    ハートは変えずに、エンジンは変える【ネクストライク106号】…

  2. /* */

    マーケティング戦略の企画手法を考えるシリーズ②【ネクストライ…

  3. /* */

    来年の事業計画づくりが楽しくなる?!【ネクストライク64号】…

  4. /* */

    問題をとらえ原因を突き止め、考えた打ち手をすぐ実行する、を考…

  5. /* */

    ”お客様第一主義”とは、・・・を考える【ネクストライク24号…

  6. /* */

    プロの企画・プロデュサーとは、を考える【ネクストライク46号…

  1. 2019.12.03

    「お客様目線」、徹底できていますか?

  2. 2019.10.29

    BtoBtoC業界の問題点を解決する「コンテンツマーケテ…

  3. 2019.08.22

    コンテンツの作成方法と「定番ネタ」の例  ネクストライク…

  4. 2019.08.07

    ネクストライク151号「ブログ記事の書き方」

  5. 2019.07.23

    ネクストライク150号「コピーライティングの基本」と「タ…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…