コンテンツの作成方法と「定番ネタ」の例  ネクストライク152号

コーポレートサイト以外の「商品サイト」「情報サイト」のコンテンツのほとんどが、
ほぼ、更新されていません。
これでは集客ができないばかりか、想定する読者の期待にも応えることができず、逆効果とも考えられます。
サイト制作開始時には、とかく、Web構築や予算、運営などに気を使うのですが、開始後の運営、
特に、コンテンツの作成と更新、集客対策には力が入っていないからかと思います。
コンテンツを継続して作成・更新するための方法について考えます。

1.コンテンツの作成方法について

□メルマガコンテンツの活用
Webのコンテンツは、6ヶ月~1年間計画という少し長い期間で考えられている場合が
多いですが、メルマガは、月に1~4本配信ごとに考えます。
この新鮮な記事のアイデアは、ここに眠っているだけではもったいありません。
費用と効率性から考えて、見逃さず活用します。
例)・提案チラシ、マニュアル、イベント、コンテスト、セミナー、定期誌など
□机上だけではなく、現場、たとえば、営業やショールームが使っているカタログや提案書、
などの中にもヒントがあります。
□コンテンツの人気具合を見て、拡大・縮小を考えます。
人気度合は、サイト検索以外に、業界誌や展示会、国策や催事、
自社の新商品や重点テーマなどからも探します。
□人や場所の代用を考えます。
著作者を変える、ひとりではなく複数を対象にする、ユーザーコミュニティを設けるなど。
□過去記事の中には、普遍的な記事のほかに、更新できる記事もあります。
最新情報を付加する、組み合わせを変えて記事をつくる、順番内容を変えてシリーズ化します。
□リピートしてくれる人は、ファンになった人です。
できるだけ多くの人に「いいね、と思ってもらう記事」ばかりではなく、
あまり読まれないかもしれないけど「いいことを言う記事」も入れることも考えます。
□更新頻度は多く、同じ時間に掲載することが大事。
検索エンジンにインデックスされるページが増える、ブログへの入り口が増える、
新規客が増える、そして、愛読者(リピーター)が定着する。
□SEOの関係
1)ロングテールキーワードを使った記事を書く
2)記事タイトルの頭や内容にキーワードを入れる
3)関連した過去記事への内部リンクを貼ることで回覧率を高める
(公開1~2か月後に、検索状況次第で記事の再考も行う)
□関係者や知見者、読者などの意見を聞き、見直す。 

2.定番コンテンツの例

□商品の基礎知識
□展示会やイベント、セミナー、勉強会など
□お役立ち記事(ノウハウ記事)
ユーザーが直面している悩みや不安、期待に応える「ヒント」や「アドバイス」
□事例・効果の検証
多くの人は、失敗する可能性を少なくしたいために、慎重になり、それで、事例に興味を持つ。
特に、自社に近い業界や業種、職種、課題、活用方法などの事例。
導入前の課題、導入後の解決・満足度、今後の課題などを紹介、施主名を出すことによって、
納入実績をアピールします。
事例は、自社商品の最大の見せ場。それを、第3者の立場が持つ生の声の説得力は高く、
営業プロセスやメディアのあらゆる場面で活用でき、さらに細分化や多目的化することにより、
より、効果を増すことができます。
□インタビュー記事
著名人のほか、ユーザーや販売店、自社開発企画者、営業マンなどインタビューで生の声を伝えます。
□比較コンテンツ
まとめ記事として、最後に、さりげなく、自社PRを入れるだけではなく、
他社の良い点も盛り込みます。
□社員の紹介
社風や各部署、担当の個性や考え方が伝わり、親しみが増し、お客さまとの距離感を縮めます。
□ニュース
□まとめ記事
インターネット上の特定のテーマでまとめて紹介する記事サイトと同様に、
自社独自の視点やテーマ、問題意識を持って、切抜き集約したもの。
□用語解説
□FAQ
「よくある質問」、営業現場やショールーム、コールセンター、などでお客さまとの接点で
交わされている会話の多くがそれぞれ、
バラバラの対応や知見になっていて、集約されていないようです。
多くの人が、知らない、わからない中で、知って理解する、得する回答がきっと、数多くあります。
顧客サービスの向上や営業・受付部署の効率化に大きな意味があります。
このFAQは、チャットボットの発展によって、今後もっと、工夫され充実する分野になります。
□ドラマタイズ
事業や製品の開発ストーリー、苦心談、秘話などを伝えることで、企業姿勢や商品・開発の先進性、
理解を深め、信頼度が高まります。
□チェックリスト
□面白記事
認知されていない商品や効果の実証が難しい商品の場合、動画記事などで紹介するものです。
□人気記事ランキング
人気記事ページランキングを集計期間を複数設けて紹介します。
読者にとって参考値になるだけではなく、記事作成上の参考にもなります。
□クイズ
□診断
□コミュニティ

関連記事

  1. /* */

    動画マーケティングを考える【ネクストライク143号】

  2. /* */

    コンセプトとコンテンツを考える【ネクストライク148号】

  3. /* */

    ネクストライク149号「コンセプト」と「コンテンツ」のつくり…

  4. /* */

    スキルとセンスの違い、を考える【ネクストライク41号】

  5. /* */

    キャンペーンの目的に応じたテクニック・手法一覧を考える②【消…

  6. /* */

    これからの好景気に必要なものは?!【ネクストライク95号】

  1. 2019.08.22

    コンテンツの作成方法と「定番ネタ」の例  ネクストライク…

  2. 2019.08.07

    ネクストライク151号「ブログ記事の書き方」

  3. 2019.07.23

    ネクストライク150号「コピーライティングの基本」と「タ…

  4. 2019.07.18

    ネクストライク149号「コンセプト」と「コンテンツ」のつ…

  5. 2019.07.02

    コンセプトとコンテンツを考える【ネクストライク148号】…

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…