開封率やクリック率ではない! メルマガ評価の視点

image_print
たいていのメルマガでは、潜在ユーザーと顕在ユーザーの
区分されていなくて、一斉配信が多いのではないでしょう
か?今号では、メルマガの一斉配信で気をつけたいことを考え
ます。タイトルがありきたり、逆に、誇張しすぎ、本文の内容を
一言で言いきれていない、新しい提案が感じられない…
そんなことでは開封してくれない。

ネタがないため、紹介記事が少ない(熱意が感じられな
い)、リンク記事の紹介が雑、文章が長々と続く…
そんなことではクリックしてくれない。

メルマガというと、どうしても開封率やクリック、CV率な
どが気になり、それをひとつの目標にしますが、もっと大
事な点があるように思います。

そもそも、それは、読者が求めている内容であるか否か、
という視点。

営業色を出さず、商品訴求をしたい、これが、実際ではな
いでしょうか?でも、毎回毎回、営業メールでは、せっか
くの接点強化の機会なのに、「またか…」と嫌われてしま
います。かといって、1メルマガ、1テーマが理想と言っ
ても、毎月何回も発信するのも負担に。

ではどうすればいいか?

BtoB業界やBtoBtoC業界で考えると、毎月1~2回程度
で、いかに、一方通行な営業色をあまり感じさせなく配信
することで、いっぱいいっぱいかと思います。

たとえば、ひとつのメルマガでは、冒頭に、”お役立ち”情
報を入れ、そのあと商品情報、そして、それに関連した情
報(業界や業界誌ニュース)を入れるなどします。

ネクストのメルマガ配信支援では、商品営業色は、70%
以下を目安にしています。

商品情報以外の内容は、自社商品の顧客ではないけど、商
品に興味関心を持ってもらうための”お役立ち”情報や自社
内でしか知られていない開発苦労話や専門的な提案素材、
日頃の営業活動、知って得する情報(ためになる書籍やHP
などの紹介)の公開など、読者との距離を近づける工夫を
考えます。

もちろん、これは合致していないかもしれませんが、ぜ
ひ、読んでほしい内容である!、だからあえて、きちんと
伝えたいこともあります。

メルマガ配信の基本とともに、配信方針も大切です。

もし、社内でメルマガやMA配信しているけど、ネタ不足
やマンネリ、コンテンツづくり、成果が出ていないなどで
お困りの場合は、ご相談いただければ、何らかご支援でき
るかもしれません。

以下もご参考ください。

【早わかり】
ネクスト流、メールマーケティング企画作法
【ネクストライク165号】

 今まで弊社とお名刺交換やメールをいただいた  
皆さまに本メルマガをお送りしております。 
ご都合により、ご購読不要な場合は下記より
配信解除をお願いいたします。
配信を中止いたします。配信解除
株式会社日本マーケティングネクスト
本田 真
makoto.honda@nexst.jp
TEL:03-3582-4555

関連記事

  1. /* */

    外部パートナーの選び方

  2. /* */

    その「お客さま採用事例」 心を動かしますか?

  3. /* */

    「メルマガ」のネーミングはオリジナルの方がいい。 

  4. /* */

    羽生選手に学ぶ。 「あるべき姿に挑戦したい」

  5. /* */

    メルマガ配信しながらデジタル施策の実力を築く。

  6. /* */

    集客サイトの目的は、流入対策だけではない

  1. 2022.06.21

    本当の実力は、 立ち上げたあとに現れる。

  2. 2022.06.14

    デジタル施策は、売上貢献してなくては、 何の意味もありま…

  3. 2022.06.07

    【社内説得の手法】 ほんとうになるまで言い続ける。

  4. 2022.06.01

    いまのパートナーは、 業者でなく、良き相談相手ですか?

  5. 2022.05.24

    事業拡大の武器、 『潜在ユーザー獲得』ブログ記事サイト

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…