「メルマガ」のネーミングはオリジナルの方がいい。 

image_print

「メルマガ」のネーミングはオリジナルの方がいい。

独自の「メルマガ」ネーミングを工夫している企業さまは
少ないよう感じます。オリジナルなネーミングをすれば、
それだけ印象に残り、継続的に愛読してくれるメリットも
ありますので、これから「メルマガ」ご検討される場合は
ぜひ、考えてみてください。

ネーミングには、広告と同じように、こんな3つのことを
盛り込み考えて作成します。

①その企業は、どんな業種、商品なのかが想像できるか

②その企業や商品の独自性が言い表されているか

③そのネーミングには、新しい発見、提言があるか

また、ネーミングと組み合わせてスローガンも重要。メル
マガコンセプトはスローガンに、キャッチフレーズはネー
ミングに、それぞれ、被らなく、組合わせて成り立つよう
に考えます。

そのうえで、会社名を入れる、商品サービスの専門性や差
別ポイントを強調する、メルマガを想像させる(○○通
信、○○プレス、○○ニュース、○○ヘッドライン、な
ど)を工夫します。

メルマガは毎月、1回程度だと、読者になかなか認知され
ません。できるだけ、ユニークな覚えやすいネーミングで
配信して「○○会社のメルマガ」と覚えてもらえるように
します。面白いネーミングは、社内なども含めた浸透もう
まくいきます。

これから「メルマガ」検討される方は、こちらもご参考
ください。

メルマガ活用を考えるシリーズ②
企画制作・運営の流れ
【ネクストライク113号】

メルマガを考える④
目的の設定からシナリオの設計まで
【ネクストライク140号】

 今まで弊社とお名刺交換やメールをいただいた  
皆さまに本メルマガをお送りしております。 
ご都合により、ご購読不要な場合は下記より
配信解除をお願いいたします。
配信を中止いたします。配信解除

株式会社日本マーケティングネクスト
本田 真
makoto.honda@nexst.jp
TEL:03-3582-4555

関連記事

  1. /* */

    集客サイトの目的は、流入対策だけではない

  2. /* */

    羽生選手に学ぶ。 「あるべき姿に挑戦したい」

  3. /* */

    事業部門の独自性ある社風・体制が、 デジタル施策を成功させる…

  4. /* */

    事業拡大の武器、 『潜在ユーザー獲得』ブログ記事サイト

  5. /* */

    メルマガの欠くことのできない位置づけとは?

  6. /* */

    その「お客さま採用事例」 心を動かしますか?

  1. 2022.06.21

    本当の実力は、 立ち上げたあとに現れる。

  2. 2022.06.14

    デジタル施策は、売上貢献してなくては、 何の意味もありま…

  3. 2022.06.07

    【社内説得の手法】 ほんとうになるまで言い続ける。

  4. 2022.06.01

    いまのパートナーは、 業者でなく、良き相談相手ですか?

  5. 2022.05.24

    事業拡大の武器、 『潜在ユーザー獲得』ブログ記事サイト

  1. 2017.10.28

    コンテンツマーケティング【オウンドメディア】のご案内

  2. 2017.10.27

    ネクストはBtoBtoC業界のコンテンツマーケティングを…

  3. 2017.10.26

    ネクストは大変とわかった!?

  4. 2017.10.25

    メルマガにこんな問題はありませんか?きっと、解決できます…